「恐れることはない」 2017年4月16日

聖書:マタイによる福音書28章1−10節
人間の力、あるいは人間が人間を支配しようとする力が猛威を振るうとき、えてして私たちは「神の力は人間の力より強い」という単純な事実を忘れ、深くそして長く続く恐れを抱きます。確かに私たちを取り巻く状況は、人間の罪の力を示すようなものばかりであり、闇夜の中で光を見失うような歩みをせざるを得ないかもしれません。しかし、この闇夜の先にあるのは、人間の罪による力の支配ではありません。人間の罪の力は、救い主を復活させた神の力に勝つことはできないのであり、人間の究極的な恐れ、肉体の死というものに対してさえ「恐れることはない」、そのメッセージを復活の主イエス・キリスト自身が私たちに教えてくれるのです。

この記事へのコメント