「さあ、目を上げて」2016年11月6日

創世記13章1−18節  同じような人間的な弱さを持っていたアブラムとロトですが、対照的な結果がもたらされます。二人の違いは何だったのでしょう。自分の欲で「目を上げ」たロトに対し、アブラムは神の呼びかけに応えて「目を上げ」ました。日々の歩みの中で、不安や恐れ、悲しみに陥る時にこそ、生きていく中で困難を感じる時、不足を感じる時にこそ、神の呼びかけに心を閉ざすのではなく、「さあ、目を上げて」と呼び…

続きを読む