1月3日 「キリストの誕生」 ヨハネによる福音書 1章14~18節

ヨハネ福音書の降誕物語はマタイやルカのような飼い葉桶に寝かされた幼子を中心としたのとはと異なった描き方をしている。今日のみことばは、永遠の「言葉」である神の子の受肉の出来事を祝う歌、クリスマス賛歌である。   マタイ、ルカ、ヨハネのそれぞれの福音書は、それぞれの降誕物語を語ることによって自分たちの教会の信仰を告白している。それを聞く教会、そしてそこに集うひとりひとりは、そこで自分たちの信仰が問…

続きを読む