12月27日 「告知」 ゼカリヤ書2章10-13 ルカによる福音書 1章57-66

預言者ゼカリヤは神の告知を民に告げます。しかしその言葉は民の心に届きません。それでも彼は神から遣わされた預言者でした。 ヨハネの誕生は天使ガブリエルによってザカリアに告知されます。誕生の告知に際して口と耳を閉じられたザカリアは、名前の告知によって再び神を賛美し始めます。 「光あれ」と言って創造の業を始めた神は、その後の歴史においても救いの告知を語り続けます。 イエスさまの誕生の告知を受けたわ…

続きを読む

12月6日 「旧約における神の言」 列王記22章6-17

イスラエルの王アハブは、神を自分の計画のために利用しようとし、真の預言者ミカヤの預言に従わなかった。結果、彼は戦場で命を落とす。  人は聞きたくない神の言葉は聞かず、自分が聞きたい言葉を神の言葉として聞こうとする。しかし、神の言葉は人が聞こうと聞かないでいようと関係なく、イザヤ書55:11にあるように、神の言葉は神のもとにむなしく戻ることはない。そして神の言葉は、神が望むことを成し遂げ、神が与…

続きを読む